もと子ちゃん 普通

最近よく見かけるんだけど子宮けい癌ってどんな病気なの?

先生 普通

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスに感染することで発症する性感染症なんだ。

同じくヒトパピローマウイルス感染が原因で起こる病期には尖圭コンジローマがあるけど、子宮頸がんを起こすヒトパピローマウイルスは悪性のハイリスク型が原因となっているんだ。

自覚症状が無いまま進行するので、気がついた時には子宮を失うことになったり、命を落とすこともある怖い病気なんだよ。

子宮にできる癌には子宮頸がんと子宮体がんの2種類ありますが、これは全く別の病気です。

癌ができる部位、原因、なりやすい年齢、進行の仕方など全てが違います。

子宮けい癌は「子宮の入り口にできるがん」です。

子宮頸がんは子宮の入り口の子宮けい部に発症するがんで、病状が進むまで自覚症状が無く子宮の摘出が必要になり妊娠や出産ができなくなるケースもあります。

一方で、子宮体がんは、子宮体部にできるガンで閉経前後の女性がかかりやすく早期から不正出血の自覚症状があります。

子宮頸がん 子宮体がん
部位 子宮頸部(子宮の入り口) 子宮体部(子宮本体の内側)
発症年齢 20代~40代 50代~60代
原因 ヒトパピローマウィルス(HPV) 主にホルモンバランスの異常

若い女性に子宮けい癌が増えています

もと子ちゃん 普通

子宮けい癌の人って多いの?

先生 普通

20代から40代と若い年齢層で感染が急増しており、発生数・死亡数共に増加してるんだ。

「がんと言うと高齢の病気のイメージがありますが、日本の子宮頸がんの発症のピークは30代で1度でも性行為の経験があれば年齢、性行為の回数、パートナーの数に関係なく誰でも発症する可能性があります。」

子宮頸がんの症状「自覚書状はほとんど無い」

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんのことで、初期にはほとんど自覚症状はありません。

しかしながら、病気の進行とともに性交と気や月経時以外でも出血する、茶褐色や黒褐色のおりものが増える、月経の量が増えるまたは長引く、下腹部や腰が痛むといった症状が現れます。

子宮体のがんは閉経後に増えるのに対し、子宮頸がんは若い層に多くみられること、感染しても必ずしもがんにはならないこと、がんの中では比較的ゆっくりと症状が進むことが特徴です。

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウィルスHPVの感染経路

「子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルスの感染です。」

このウイルス皮膚の小さな傷から体内に侵入し感染しますが主な感染経路として性行為が知られており性行為の経験のある8割が一生に一度は感染を経験します。

このようにHPV自体は感染は珍しくなく全てのHPVにリスクがあるわけでは無く感染しても多くは一過性で問題なく、150種類ある中で約15種類が体内に残りガンの原因になります。

この15種類のHPV特に16型と18型が高リスク型と呼ばれ、この高リスクHPVに長期持続感染すると子宮頸がんになる可能性があります。

一方で、子宮頸がんを引き起こすことの無い低リスク型HPVは性器付近にできるイボである尖圭コンジロームの原因になります。

もと子ちゃん 普通

どのようにこのウィルスは感染するの?

先生 普通

HPV感染はセックスをする時に摩擦などで生じた粘膜の小さな傷からウィルスが侵入し感染するんだ。

コンドームを使うことで感染は防げるけど、カバーできない部分にもHPVは存在するので完全には防げないんだよ。

子宮頸がんワクチンが防げるのは2種類のHPVだけ

現在国内で使用されているワクチンは15種類のハイリスク型HPVの内2種類16型と18型のHPVに対して効果がありますが、他の種類のHPVには予防効果はありません。

また、既に感染している16型と18型のHPVや前がん病変などガンに対する治療効果はありません。

感染から発病まで平均10年

もと子ちゃん 動揺

感染したらどのくらいでガンになるの?

先生 解説

HPVに感染してから子宮頸がんを発症するまでの期間は平均5年から10年程度だね。

10年も余裕があるから大丈夫なんて思わないでね。

感染しているのか?ガンに進行しそうな段階なのか?は調べないとわからいからね。

発見が遅くなると子宮をとることになったり命を落とすことになるかもしれないんだから。

子宮頸がんが発生するメカニズム

通常HPVに感染しても体に備わっている免疫力でHPVは体内から排除されますが、感染が長期化すると感染した部位の細胞が変化して異形成という状態になります。

異形成になっても多くの場合は正常の細胞に戻りますが、異形成が長期化すると細胞がガンかしてがん細胞が増殖し始めます。

前がん病変で発見できればダメージは少ない

「がんが進むと不正出血、血液の混じったおりもの、下腹部の痛みが症状として出ます。」

進行したがんでは手術の範囲が広くなると放射線治療や化学療法が必要になり治癒も困難になります。

ガンになる前の(前がん病変)で発見すれば子宮をとらない簡単な手術で完治できますし治癒後は妊娠や出産も可能です。

このように子宮頸がんは早期発見し前がん病変で発見するとダメージは少ないのです。

子宮をとった時の後遺症

子宮の入り口だけを円錐切除という手術であれば後遺症の心配はありませんが、広汎全摘出という手術ではむくみ、排尿、排便に障害が出る場合があります。

また、卵巣まで切除した場合は更年期障害と同じ症状が出るなど様々な後遺症が出ます。

予防法「ガンになる前に発見することが最善の予防」

予防方法はワクチンと検査による早期発見で、皮膚接触により感染するため、避妊具の使用では完全に防ぐことはできません。

ワクチンは有効な予防手段ですが、子宮頸がんの原因には全て対応できるわけではないですし、有効なワクチンが開発されていますが、その副作用が現在問題となっています。

細胞診だけではガンになる前の病変を正しく診断できるわけではないので、細胞診とHPV(ヒトパピローマウィルス)検査二つを併用することでほぼ100%病変を発見できます。

検査法「細胞診とHPV検査を併用すれば検査精度が向上します」

もと子ちゃん 普通

どんな検査をすればよいの?

先生 普通

子宮頸がんの検査には「細胞診」と「HPV検査」がるんだけど、この2つの検査を組み合わせると前がん病変の発見率が飛躍的に上がることがわかってるんだ。

「細胞診は変化した細胞を、HPV検査はHPVの感染の有無を検査する」

細胞診
一般的な子宮頸がん検査といえばこの細胞診で、子宮けい部から採取した細胞の形を顕微鏡で調べます。
がん細胞や異形成の細胞は、健康な細胞とは形が違うためこの方法でがんや前がん病変を発見することができます。
HPV検査
HPV検査は細胞の中からHPVの遺伝子を検出する検査でハイブリッドキャプチャー法と呼ばれる検査方法で調べます。
細胞診で採取した細胞で同時に検査することが可能なので、手軽に精度の高い検査を受けられます。

検査を受けた方が良い人

  • 細胞診は20歳以上の女性は毎年検査を受けた方が良い
  • 細胞診とHPV検査は30歳以上の女性は受けた方が良い

宅配ドクターの郵送検査では、「細胞診」と「HPV検査」の両方を検査できます。

治療法

治療はがんのステージによって異なり、手術、抗がん剤による化学療法、放射線治療があります。

初期の子宮頸がんの場合、「円錐切除術」というがんの切除手術を行います。この段階ではがんの範囲が狭いため、患部のみを摘出します。

しかし、症状が進行すると子宮の全摘出手術を行う、摘出手術に加えて化学療法を併用したり放射線治療を行ったりします。

子宮頸がんQ&A

検査結果が異常無しなら、もう検査を受けなくて大丈夫か?
異常無しでも必ず定期的に検査をしましょう。

「HPVに感染すると数年をかけて異常な細胞に変化します。
今は細胞に異常がみられなくても、数年後に異形成に変化している可能性があります。
異形成は早期発見できれば簡単な治療で治すことが可能です。」

HPVワクチンを接種したので検査をしなくても大丈夫か?
ワクチンを接種していても検査を定期的に受けましょう。

「ワクチンにできることはHPVの感染予防なので治療効果はありません。
既にHPVに感染している人やガンや前がん段階の人はワクチンではウィルスを排除したり病気の治癒は出来ないのです。
また、ワクチンが予防できるのは16型と18型なので100%の予防にはなりません。」

HPV(ハイリスク・ヒトパピローマウィルス)の感染と子宮頸がんが気になったら

  1. 症状や自分の行為に心当たりがある

    HPV(ハイリスク・ヒトパピローマウィルス)の感染は症状が出ないことが多いので、症状から感染を推察することはできません。

    自分が感染したかどうかを調べたい場合は検査を受けましょう。

  2. 陽性の場合

    検査結果を持って病院へ行き治療を受けましょう。