クラミジアは性行為で感染する病原体で、感染部位は性器の他に喉の咽頭に感染し、この部位に感染したクラミジアを咽頭クラミジアと言います。

統計では性器クラミジアに感染した人の2割は咽頭クラミジアに感染しています。

感染者の多くは、愛撫やオーラルセックスにより感染しており、これはクラミジアの症状が男女ともにあまりはっきりしないことから感染者が自分が感染している事に気づかずに性行為を繰り返し感染を広げている事が考えられます。

キスで咽頭クラミジアは感染するのか?

性病の定義は、性行為や類似行為で感染する病気ですが、感染のメカニズムで言えば感染部位や感染部位に接触する事で感染しますので、咽頭にクラミジアが感染している場合は、唾液を介して他の人に感染する可能性はあります。

クラミジアは感染力は強いですが、菌自体は空気に長い事触れていると死滅してしまうのでキスの種類によっては感染する可能性は低くなります。

ディープキスなど、粘膜と唾液が接触している時間が長い物は、感染の危険が高まると考えて良いでしょう。

喉(咽頭)での性病の感染は、海外よりも日本での感染の方が多いのですが、これは日本での性風俗店のサービスがオーラルセックスによるサービスが多いことが影響しています。

のど(咽頭)クラミジアの症状

咽頭クラミジアの症状は男女ともに無症状であることが多く、検査をせずに感染が発覚することはほとんどありません。

咽頭クラミジアの症状が出た場合は、喉の違和感、喉の痛み、喉の腫れ、発熱が症状として出ることがあり、風邪と症状が似ていることから風邪薬を飲んで済ませてしまう人が多いようです。

病院の診察でも、これらの症状からクラミジアの検査をすることが少なく、風邪の処方としてセフェム系の抗生物質が処方されたりするのですが、この処方で咽頭クラミジアが完治することはありません。

咽頭クラミジアの感染者は、女性の方が多く感染率は男性より1.5倍であるとされ、これはオーラルセックスで女性がフェラチオで男性器を愛撫する事が多いからであると推察されます。

ですので、喉に症状が出た場合はすぐに風邪だと自己判断をしないで、感染するような行為があったと心当たりがあったら咽頭クラミジアの可能性を考えた方が良いでしょう。

咽頭クラミジア自体は死につながるような重篤な病気ではありませんが、放置すると炎症部位からHIVウィルスや梅毒などの血液を介して感染する重篤な性感染症や、気づかずにパートナーや配偶者などに感染を広げるので早期発見と早期治療を心がけましょう。

のど(咽頭)クラミジアの潜伏期間

咽頭クラミジアの潜伏期間は2~3日と短く、症状が出る人は比較的早く症状が出始めます。

咽頭クラミジアでは約20%に人にはなんらかの症状が出ますが、残りの80%、つまりほとんどに人には症状が出ないので潜伏期間と言ってもあまり意味を無しません。

のど(咽頭)クラミジアの検査

検査は感染部位に触れたものを検査することで病原体の有無を調べますが、喉(咽頭)の場合はここに直接綿棒などを接触させるのは苦しいので、検査キットなどでは水道水でうがいをした水を採取して検査をします。

性器クラミジアも咽頭クラミジアも検査をする時は、パートナーなど性行為を習慣的にする相手と一緒に検査をする必要があります。

パートナーと一緒に検査と治療をしないと、どちらか片方が完治しても片方が感染している場合、再度感染するピンポン現象と呼ばれるお互いにうつしあうことになってしまいます。

のど(咽頭)クラミジアの治療

咽頭クラミジアの治療は、性器クラミジアの治療と同様に抗生物質の投与や服用を2週間前後することで完治します。

病原体である、クラミジア・トラコマティスを死滅させることが必要ですが、この病原体の治療に使用される抗生物質としては、ジスロマックやクラリスなどのマクロライド系抗生物質、ビブラマイシンやミノマイシンなどのテトラサイクリン系、クラビット、タリビットなどのニューキノロン系が使用されることが一般的です。

現在主流となっている抗生物質はジスロマックで、この薬は1回服用するとその効果が1週間持続するので薬の飲み忘れなどがなくなるからです。

また、性器クラミジアに比べ咽頭クラミジアは治るのに時間がかかるとされるので、治療を開始したら医師の判断があるまでは服用を続けなければなりません。

のど(咽頭)クラミジアを放置し自然治癒はあるのか?

検査や治療にはお金がかかりますし、時間もとられるのでなんとか自然に治ってくれないかと思うところですが、咽頭クラミジアは放置していても自然治癒はしません。

一部例外として、風邪や他の感染症にかかり病院で抗生物質を処方され、その抗生物質が効き治る場合も有りますが偶然といえるものなので期待をしてはいけません。

感染部位は咽頭ですが、性行為や愛撫を通してクラミジアが性器に感染すると女性の場合は、感染部位が子宮や卵管など出産にかかわる部位に障害を残し、不妊症の原因となる可能性があります。

確かに、咽頭クラミジア自体は重篤な病気ではありませんが、これを放置し感染部位を広めてしまうと将来にかかわる後遺症を残してしまうので、早期発見と早期治療に努めましょう。

検査