(自慰・キス・肌)の接触で感染する性病

キスでの性病の感染はあるのか?

もと子ちゃん 普通

キスをして性病がうつるってことあるの?

先生 解説

確かに一部の性病の病原体は喉にあるけど、軽いキス程度なら病原体が存在していても触れている時間が短いので感染する可能性は低いね。

ただし、接触時間が長く唾液が交わるようなディープキスの場合は一部の病気で感染する可能性があるね。

基本的にはキスでの感染リスクは無いと考えてよいですが、相手が感染者の場合は病原体に対する曝露(ばくろ)の程度により感染する可能性があります。

口にヘルペスによる病変や有ったり、咽頭に淋菌やクラミジアの感染がある場合はディープキスなど濃密なキスでは感染の条件を満たしてしまうかもしれません。

感染リスク
2.0
感染条件
口の粘膜や唾液との接触が長い場合は感染する可能性がある。
感染する可能性のある病気
クラミジア、淋菌、ヘルペス

キスをする時には何に気を付ければ良いのか?

相手が感染者の場合は、予防する手段はありませんので気になる場合は検査を受けると良いでしょう。

自慰行為(オナニー)での性病の感染はあるか?

はじめ君 照れ

オナニーで性病に感染することってあるの?

先生 普通

性病の感染には病原体を保持する感染者との接触が前提だから相手のいない自慰行為で感染する可能性は無いんだよ。

性病の感染には病原体の感染者との接触が必要なので、オナニーなど自分でする行為では感染する可能性はありません。

感染リスク
0.0
感染条件
無し
感染する可能性のある病気
無し

手の接触(手こき、手まん)での性病の感染はあるか?

もと子ちゃん 普通

肌の接触で性病がうつることはあるの?

先生 普通

触れた肌に病変や病原体が存在していなければ接触があっても感染しないよ。

但し、性器と性器を擦り付けるような行為は感染する可能性があるね。

自分の手で相手の性器を触ったり、相手の手で自分の性器を触られても感染する可能性はありませんが、相手が感染者の場合は汚染された手で自分の粘膜などに触れると感染する可能性があります。

感染リスク
1.0
感染条件
性器と性器の接触の場合は感染する可能性がある。
手と性器の接触の場合は感染リスクは低いが、汚染された手で粘膜を触ると感染リスクはある。
感染する可能性のある病気
梅毒、ヘルペス

「手こき・手まん」をする時には何に気を付ければ良いのか?

ペニスにコンドームを付けるなど感染部位との接触を避けることが有効です。

直接感染するリスクはありませんが、汚染された手であちこち触ると何らかのきっかけで自分の粘膜へ感染する可能性があるので、行為が終わった後は手を良く洗いましょう。

不安がある時はどうすれば良いのか?

  1. 気になる病気がある

    性病は症状が出ないことが多いので、症状から自分で推察することはできません。

    自分が感染したかどうかを調べたい場合は検査を受けましょう。

  2. 陽性の場合

    検査結果を持って病院へ行き治療を受けましょう。