おりもの色が黄白色、黄色、緑色

おりものの色が濃い黄白色、黄色、緑色の時に考えられるのは細菌や寄生虫による感染症が疑われます。

膿などが交じり悪臭を伴う場合もありますが自覚症状がない事もあります。

細菌性膣炎

膣内は健康な時は乳酸菌で強い酸性の状態に保たれていますが、過度な性行為や膣の洗浄のしすぎ、疲労などによる体力低下気味の時などに大腸菌などの菌が繁殖してしまいます。

乳酸菌による自浄作用がなくなり色々な菌が膣の中で繁殖してしまう事により悪臭のするおりものとなり発症します。

症状

灰色っぽい白だったり、膿が混じった黄色、黄白色などのおりもので水のようなサラリとした物が多く痒みを伴う事もあります。

膣内の炎症が進んでいると、排尿時に痛みがあったり尿道周辺に違和感を感じます。

クラミジア、淋菌が原因の子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎

膣・子宮・卵管は一つの管で繋がっていますので、進行が進んでいくと全ての場所で感染による炎症を起こします。

膣からウイルスや細菌感染し、子宮頸管→子宮内膜→卵管というように進み、このような感染経路の事を「上行感染」といいます。

炎症を起こしている場所によって呼び名が変わります。

原因となる菌として、クラミジア、淋菌、大腸菌などが多くみられます。

症状

下腹部の痛みやおりもの増加、おりものに膿や血が混じることもあり、性行為の時に痛みを感じたり出血する事もあります。

炎症が激しくなると発熱下腹部に激しい痛みを起こす場合もあります。

自覚症状がない場合もあり感染症に気づかない場合もあります。

トリコモナス

トリコモナス原虫が膣に寄生することで発症します。

症状

外陰部のかゆみ、黄白色や灰色のおりもので細かく泡立ち悪臭を放つこともあります。

子宮膣部びらん

子宮頸管炎の一種でタンポンや性行為などで子宮口などが刺激により起こす炎症です。

※「びらん」とは膣部入り口が赤くただれて見える症状で女性のほとんどに見られる症状で問題はありません。

症状

粘り気のあるおりものの増加、血が混じる事もあります。

特に気にならないのであれば放置でも大丈夫ですが痛みや不正出血がある場合は治療をします。

老人性膣炎

閉経を迎えた女性に起こりやすい炎症です。女性ホルモンの分泌に関係していますので出産後、授乳中の方などもこのような状態になる場合があります。原因として悪玉菌の繁殖によって起こります。

症状

黄色や赤色の膿っぽいおりもの、発熱、痛み、痒み、乾燥、性交痛、性交時出血、排尿痛など個人差はありますが、この様な症状がでます。

非特異性膣炎

抵抗力が落ちホルモンバランスの乱れなどで起こり膣の自浄作用が低下しているのが原因です。

大腸菌、連鎖球菌、ブドウ球菌などの繁殖で起こり、同じナプキン(おりものシート)タンポンなどを長時間使用したりと不衛生な状態にしておくと雑菌が繁殖し感染します。

症状

黄色いクリーム状のおりものが増加し緑がかった色、茶褐色だったり匂いが気になる事もあります。

痒みはあまりないのですが、おりもの増加により外陰部のただれ、腫れなどが起こる事もあります。

デリケートゾーンのケア