異常の予防

生活習慣の乱れで「おりものの異常」が起こる事があります。

膣内は通気性が悪く温度もあり細菌が繁殖するには、とても良い環境の状態に元々あります。

体調が悪かったり免疫力が落ちていると細菌はここぞとばかりに繁殖します。

普段から繁殖を避ける為にはどうすればいいのか知っておく必要があります。

日常生活で気をつける事

ストレスや疲れを溜めないようにする

仕事や家庭などのストレスや疲れを溜めないようにする事はとても重要になってきます。

疲れなどから免疫力が落ちてしまいますと常在菌が増殖し細菌感染症を起こしてしまいます。

ストレス発散方法を見つけてみてはいかがでしょうか!

良質な睡眠をとりましょう

22時~2時のゴールデンタイムの睡眠が何においても良いといわれています。

22時に寝るのは無理でも24時くらいには寝たいものです。

ゴールデンタイムは女性ホルモンの活性化が1番行われる時ですので体調を整えるのにとても適している時間でもあります。

下着を少しゆとりのある物に変える

ストッキングに通気性の悪いパンツにズボンなどを穿いていますとムレてしまいます。

ムレが原因で余計に細菌が繁殖してしまう事になります。

下着だけでも通気性の良いものにすると、かなりの効果があると思います。

体を冷やさないようにする

体を冷やしてしまいますと子宮も冷えてしまいます。

子宮の冷えは体調を壊したりし「おりもの」の増加を招いてしまう事があります。

おりものシートや生理用品を正しく使いましょう

おりものシートをしてるからと安心して長時間同じ物を使ってしまっては、ムレてしまいますし衛生面でも良くはありません。

生理用品でも同じでタンポンなどもこまめに変えた方が良いです。

甘い物を控えましょう

甘い物が好きな方は少しだけ控えてみてください。

糖分は細菌のエサになるそうで、血糖値が高い女性は雑菌が繁殖しやすいそうです。

性行為時にはコンドームをつけましょう

妊娠希望でない時は夫婦であろうとコンドームの着用をおすすめします。

雑菌はお互いに常にもっています。

抵抗力などが低下している時ですとお互いに感染症を引き起こす事もあります。

まとめ

雑菌は常に存在するものですが、少しの注意で感染症を起こす事は避けられます。

無理のない程度で生活習慣の見直しをしてみてはどうでしょうか。

不快な「おりもの」が少しでも軽減できれば嬉しいですよね。