おりものの量の変化

「おりものの量」は個人差もありますが年齢によっても分泌される量が少し違うみたいです。

おりものを不快に思うほどの方もいれば全然気にならない程度の方もおられるみたいで本当に個人差のある事だと思いますが、一般的にはどうなのでしょうか?

年齢別に見てみたいと思います。

10代

下着やトイレットペーパーに少量のおりものが付着しだします。

少量出始めると初潮が始る時期が近いかもしれません。

初潮が始るとホルモンが活発化し「おりもの」の量は増えていきます。

女性ホルモンの分泌により「おりもの」の分泌も盛んになりますので月経が安定していくにつれ「おりもの」の頻繁になってきます。

20代

子宮や卵胞ホルモンなどの女性ホルモンが活発化する20代では「おりもの」の量も増えます。

その理由として女性らしさを維持したり、妊娠・出産にむけての準備が始ってくるからだといわれています。

ストレスも感じやすい年齢の為、生活習慣などでホルモンバランスなどを崩しますと「おりもの」にも変化がでやすい年齢でもあります。

「おりもの」をチェックし病気や感染症に気をつけたい年齢でもあります。

30代

子宮や卵巣の活発化もまだまだ続く年齢です。

排卵などの影響でおりものの量なども変化しますが20代とそれほど変化はないかもしれません。

妊娠・出産を経験されますと「おりもの」に変化が起こる事もあります。

10代・20代でカンジダなどに感染した事のある方は「おりもの」の変化に気をつけ妊娠・出産に望んでください。

体力が低下していると再発する可能性が高くなります。

40代~以降

この頃から「おりもの」の分泌は減ってくる傾向にあります。女性ホルモンの分泌量が減少すると「おりもの」の分泌も減少します。

ですがこの頃から女性特有の病気など発見される事が多くなってきますので「おりもの」に色がついている場合などは婦人科で受診してください。

閉経後

月経があったときに比べると「おりもの」はかなり少なくなります。

閉経は個人差があり比較できないのですが、減少はかなりしますが「おりもの」が全くなくなるワケでもないので引き続き体調チェックの目安にはなるかと思います。

まとめ

感染症をいち早くしれる「おりものチェック」は妊娠・出産を考える女性ならとても重要な目印になるのではないでしょうか。

体調管理を含め「おりもの」を観察してみてください。