私たちにとってとても身近で手軽に行ける様になった、ハワイやグアムへの旅行ですが犯罪同様に気をつけなければいけないのが性病への感染です。

日本人に人気のあるグアムですが、性病への感染報告は結構ある様で男性に限らず女性でも感染例があります。

男性であれば風俗などに行き感染する事も理解出来ますが、なぜ女性が性病に感染するのでしょうか?

その理由のひとつに、東南アジアからの出稼ぎの売春婦の存在があります。

人気観光地での風俗の商売は、日本でもですがグアムでも当然あり観光に訪れた日本人男性や現地に住む日本人男性が、その売春婦と関係を持ち感染してしまうのです。

女性がグアムに観光に行き、解放的な気分から現地の日本人男性やグアムの男性に誘われて、関係を持ってしまいHIVウィルスという恐ろしい性病を移されてしまう人がいるのです。

帰国後すぐに感染が分かる訳ではありませんが、5年位から症状が現れます。

HIVウィルスの症状は風邪に似ており、ただの風邪だと勘違いしてしまう人が多いのが特徴になります。

現在日本では約2万人のHIVウィルス患者がいますが、自覚症状がないだけでそれ以上に感染者がいる可能性もあります。

特に外国で風俗などに行った男性や、現地の人と関係を持った女性の人などは一度検査を受ける事が必要でしょう。

またグアムも含め、海外旅行に行き現在の男性と関係を持つ場合は必ずコンドームを付ける、男性の性器を直接口で愛撫するなどの行為を絶対にしない様にする事が何よりも大切な事になります。