風俗で働く女性にとって、性病への感染は常に意識しなければいけない問題です。

不特定多数の男性と関係を持つことにより、常に性病に感染するリスクがある風俗店では現実的な問題として、定期的な検査を受ける事をしない店舗も数多く存在するという事を考えておかなければいけません。

利益を重視したサービスになるので、そういう事があるのはやむを得ないというのが現状の様ですが、働く個人が意識して定期的な検査を受ける事が大切だと考えられます。

風俗店で多いのは喉への性病の感染です。

クラジミアが喉に感染すれば咽頭クラミジアとなり、また喉に感染した女性から別の男性へと感染し感染は広がってしまいます。

性病が感染する場合は男性の精液を直接口に含んだりする行為で、感染してしまう事が原因となるので感染を防ぐにはコンドームなどを着用しての行為が安全なのですが、サービスとして個室で行われる性行為は実際にどの様に行っているかは誰にも分からないのが現実です。

そういったサービスが売りとなり男、性客を定着させようという意識も働くので喉への性病の感染が減る事は今のところ考えられないというのが問題でもあります。

風俗店で働く女性が喉への性病の感染を防ぐには、男性の性器を直接口で愛撫するなどの行為をしないという事が前提に挙げられ、いくらサービスの前に綺麗に洗っても性病の感染源は男性の粘着液などに潜んでいるので、きれいに洗えば感染しないという事ではないのです。

治療をすれば早く治る性病であればまだ良いですが、HIVウイルスなどに感染すると命の危険もあるので定期的な検査と対策が必要になります。