既婚未婚に問わず男性が行なってしまう恐れがある「浮気」ですが、浮気により性病に感染するケースもかなりあります。

浮気をして性病に感染するという事は、その相手が性病に感染していた可能性が高い確率であります。

いつも決まったパートナーとの性行為であれば、どちらかに性病があれば既に感染しているはずと普通に考えられますが、お互いなければ性病に感染する可能性は低いと考えられます。

ただ一度の過ちで他の女性と浮気をした場合、性病に感染する危険性を意識しなければいけませんが、その時は一瞬の快楽の為にそんな事は考えない場合がほとんどです。

浮気をして性病に感染した事が彼女や奥さんにバレれば、それは浮気をした事実も同時にバレる事になります。

話を性病の感染に戻すと、検査をして治療に取り掛かる必要があります。

特にコンドームなどを使わずに性行為に及んだのであれば、淋病やクラミジアなど現代の日本においても感染者が多いとされる性病になっている可能性があるからです。

男性の場合性病の検査は泌尿器科で行う事が出来ます。

自覚症状があまりなく、また症状があっても軽いとされる性病であっても、早期に正しい治療を行わなければパートナーに感染させてしまう事になりかねません。

治療法は投薬が主になり、抗生剤を一週間くらい飲む事で症状は治まります。

浮気をした事が性病により発覚してしまうなど、誰も考えにくい事ですがどんな状況においても、性行為においては性病に感染する危険性がある事を認識しましょう。