デリケートゾーンのニオイが気になり、悩みを抱えている女性はとても多いです。

デリケートゾーンのニオイが原因で、男性にドン引きされてしまうこともあります。

自分でも感じるほどの強烈なニオイが発生してしまうのはどうしてなのでしょうか?

ニオイの原因はどこからくるの?

体臭のニオイは自分では気づかないことが多く、制汗剤でニオイを抑えることが出来ます。

しかし、デリケートゾーンの強烈なニオイは自分でも感じてしまう程のニオイを発生させてしまうことがあります。

デリケートゾーンの強烈なニオイは、生臭いニオイであり生理が主な原因になります。

生理予定日の2週間程度前になってくると、おりものの量が増えてくるためニオイが強烈になってきます。

また、デリケートゾーン付近に汗や尿、血などがついていることが原因で鼻につくニオイを発生させてしまうこともあります。

ニオイがするのは雑菌のせいではないかと考えてケアする人もいますが、強く洗ったり何回も洗うことでニオイが強くなってしまうこともあるので注意が必要です。

生理ではないのにニオイが臭い場合は、性病の症状としておりものや女性器が悪臭の原因となっている可能性があります。

デリケートゾーンのニオイを対策する方法は?

デリケートゾーンのニオイが気になるからといって、ニオイを消すために香りで誤魔化すことはやめましょう。

ニオイが激しい場所に香りをプラスしてしまうと、生臭いニオイに香りが混ざることで変なニオイになってしまいます。

制汗剤などでニオイを消したいのであれば、無香料の制汗剤を使ってデリケートゾーンのニオイと混ざらないようにする必要があります。

お風呂でニオイを元から改善させることも大切で、汚れやニオイの元になる部分をキレイに洗い流す作業が重要になります。

おりものが増える時期は雑菌が繁殖しやすい時期になるため、肌をきれいに洗って雑菌や老廃物を洗い流すことが必要になります。

きれいに洗い流すのに力は必要ないので、ゴシゴシ洗わないように注意しましょう。

まとめ

このようにデリケートゾーンのニオイが酷くて、自分でもニオイを感じてしまう女性は多いです。

ニオイの原因は1つではなく汗や尿、おりものや生理前によってニオイが発生します。

毎日のケアが重要になりケアを怠ってしまうと、ニオイが気になるようになってしまうのでケアを十分に行うことが必要になります。

昨日きれいに洗ったから大丈夫ではなく、デリケートゾーンは数時間でも雑菌が繁殖してしまう部分なので、ニオイを抑えるためにも毎日ケアしてきちんと洗い流すことが最も重要になります。