肌の黒ずみは乳首やワキだけでなく、デリケートゾーンも黒ずんでくることがあります。

このようなデリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる人はとても多く、年齢に関係なく黒ずみを引き起こしてしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみは何が原因になるのでしょうか?

デリケートゾーンは肌が敏感で刺激を受けやすいことが原因!?

メラニンの活動が活発なのは遺伝子によって違いがあるため、人と比べる必要はありません。

メラニンの活性が高い人の場合は、メラニン色素で肌が黒ずみやすくなります。

デリケートゾーンは肌が敏感で刺激を受けやすい部分なので、黒ずみが発生してしまうことが多いです。

シミが出来るメカニズムと同様で、紫外線によるメラニンが蓄積されていくことでデリケートゾーンの黒ずみが出てきます。

また、紫外線だけではなく摩擦やムダ毛の自己処理によって、デリケートゾーンに刺激を与えてしまうことも黒ずみが発生してしまう原因になります。

摩擦や刺激を与えてしまうと肌を守ろうという機能が働き、メラニン色素が溜まっていきます。

メラニン色素がどんどん溜まっていくと、黒ずみが濃くなっていくのでメラニンを蓄積しないようにする必要があります。

メラニン色素を蓄積させない対策とは?

メラニン色素は美白効果のある美容液やクリームで改善が出来ます。

肌の深層部に溜まっているメラニン色素を美白していくことで、肌に黒ずみが出てこないようにすることが出来ます。

デリケートゾーンは肌が敏感なので、顔に使用する美白美容液やクリームを使うと肌荒れしてしまう可能性もあります。

デリケートゾーンにメラニン色素を溜めないようにするには、デリケートゾーン専用の美白クリームでケアすることで肌荒れを防げます。

また、メラニン色素を蓄積させないためには、ターンオーバーの働きも重要になります。

ターンオーバーでメラニン色素を通常の肌に戻すことで、黒ずみが出てこないようにすることが出来ます。

ターンオーバーが遅れているようであれば新陳代謝を高めて、ターンオーバーが正常に行われるように促していきましょう。

まとめ

このようにデリケートゾーンが黒ずんでしまうのは紫外線や摩擦、刺激によって発生してしまうことが多いです。

美白をしたり、ターンオーバーを促進することも効果的ですが刺激や摩擦、刺激を与えないようにすることも大切になります。

下着で摩擦を起こしてしまったり、刺激を与えているようであれば肌に負担をかけないショーツを選ぶ必要があります。