年齢を重ねていくうちに顔の肌が変化していくように、デリケートゾーンの肌も年齢によって変化していきます。

女性の体を変化させるのは女性ホルモンの働きと深く関係していて、体の変化によって肌の状態も変化していきます。

デリケートゾーンは年齢とともにどのように変化していくのでしょうか?

年齢によって肌が徐々に変化していく!?

思春期になると初潮を迎え女性ホルモンが増加していき、丸みのある体に変化していく10代。

そんな10代のデリケートゾーンは汗や皮脂などの分泌が活発になり、湿度や温度の高い状態になります。

過剰に分泌される皮脂がデリケートゾーンに溜まることで、雑菌が繁殖しやすくなりニオイやかゆみを引き起こしてしまうこともあります。

また、月経が急に来る可能性が高いことでナプキンが手離せない状態になります。

20~30代の性成熟期になるとデリケートゾーンの肌が変化して、汗や皮脂の分泌以外にもおりものが多くなるためいつも湿った状態になります。

性成熟期は特にかゆみが気になる環境になったり、ムレてかぶれやすくなる時期でもあります。

更年期を迎えるころになる40代からのデリケートゾーンは、コラーゲンやヒアルロン酸が減少することで肌が乾燥しやすくなります。

乾燥しやすくなることで刺激に弱くなり、かゆみやかぶれが慢性化しやすい状態になります。

年齢別の対策方法とは?

初潮を迎える思春期の10代は、長時間ナプキンをつけることが多くなるためムレてかぶれやすくなります。

自分の肌に合ったナプキンを探すことで、デリケートゾーンの敏感な肌を守れるようになります。

20~30代の性成熟期は仕事で忙しくても肌がムレやすい状態になるため、ナプキンを小まめに替えることでムレやかぶれから肌を守れるようになります。

さらに、生理中は特にムレやすくなるので風通しが悪いストッキングやタイツを避ける必要があります。

更年期が始まる40代からの対策では、肌に刺激を与えないように優しい素材のショーツを選ぶことが重要になります。

尿ケア用品も小まめに替えるようにして、肌をきれいに保つことが必要になります。

どの年代でも共通しているのは、デリケートゾーンお肌は敏感だということです。

どんなに対策を行っていても肌を傷つけることでかゆみやかぶれ、ニオイが発生する可能性があります。

年齢に関係なくムレやかぶれから肌を守れるように注意しましょう。

まとめ

このように年代によってデリケートゾーンの肌の状態は常に変化していきます。

年代にあった対策を取ることで肌荒れを防げるようになります。

特に生理中は肌がムレやすくなるので、年齢に関わらず小まめにナプキンを交換する必要があります。